iYM2151 : Fairyland from HYDLIDE3

先週YoutubeにはUpしていたハイドライド3のFairyland。

iYM2151のファイル貼ってなかったのでこちらに。動画あげた後、シンセの音だけちょっといじった。

iYM2151用iymファイル

ハイドライド3はT&Eが誇るActive RPGの3作目にして完結編。1987年の作品。音楽は当時T&EのBGMの多くを担当していた富田茂氏。当時のパソコンについていた音源はSSG(PSG)かFM音源の2択だけど、ハイドライド3の音楽はSSGという音源あってこそ作れる世界だった。ピーとかポーとかいう音しか出ないことを逆手にとって、明るくソフトな独特の世界観を作り出していた。実際、X68やX1(FM音源ボード版)ではSSGがなくその分FM音源が豪華なYM2151用にアレンジし直して、激しく失敗していた感がある(個人的な意見です)。

今回作成したFairylandはフィールドのBGM。一応オリジナルに似せる努力をしたつもり…だけど、後半のシンセの音は似なかったなぁ。音を重ね合わせるイメージで単純な波形を組み合わせれば素人でも組めてしまう後半4アルゴリズムと違って、前半はそれなりにFM音源をわかっていないと使いこなせないもので、どうも苦手。4オペでこれだけ難しいんだから、6オペFM音源を使いこなす人とかはほんと尊敬する。どういう頭の構造しているんだろう。

iYM2151も風前の灯火な感じだけど、よかったらお楽しみください。

iYM2151 : 世界樹の迷宮III 〜 戦乱 荒れ狂う波浪の果て

世界樹の迷宮は言わずと知れた、アトラスのNintendo DS用のRPG。

…らしいけどゲームはもう何年もやっていないので、実はよく知らない。

音楽が好きなので、サントラだけは買ってる。IIIまではFM音源チックなオリジナルサントラがでて、アレンジ版CDがでてくるという流れが基本だったのだけど、IVでは逆の流れで、バンド演奏のオリジナルサントラの次にFM音源アレンジが出るといわれていた。しかもiYM2151アレンジで。ところが待てども待てども出ない。

挙げ句、これ。延期って書いてるけどAmazonは検索しても出てこないし、もうこれは出す気ないよね、絶対。このままみんなが忘れ去るのを待っているに違いない。iYM2151がちょっと話題だったので企画してはみたけど、iYM2151の打ち込みが想像以上に面倒くさくてやんなっちゃったんじゃないかなー、たぶん。iYM2151はサンプリングが全く使えないので、どうしても安っぽい音しか出ないんだよね。CDとして売れるレベルのものを作るのは大変なんじゃないかと。

だいたい「FM音源風」でがんばっていた世界樹III以前にしても、DSはサンプリングで16音出るらしいから、全然FM音源の制約受けてない。サントラに入っているPC88音源版と呼ばれているバージョンも、PC8801の音源スペックで出せる音ではなく、たぶんあれVOPM+サンプラって感じだよね。ドラムだけならまだしも、重厚なPCMストリングスとかPC88にしては反則過ぎるぜ。

本題

というわけで(?)、IVじゃないけど世界樹の迷宮IIIより「戦乱 荒れ狂う波浪の果て」を、iYM2151アレンジCDを発表したけど発売していない業者さんに代わってiYM2151でお送りすることにしました。

例によってiymファイル付き  http://dl.dropbox.com/u/15518440/iYM2151/The_End_of_Raging_Waves.iym

今までiYM2151で打ち込んだデータは音源的にYM2151の方が上位だったのでそれなりのレベルで再現できていたのだけど、今回は相手のがスペックが大幅に上なので、8chにおさめるためにかなりグチャグチャなデータになっている。1パートずつソロで聞くとわかるけど、1拍目がクラッシュシンバルで、3拍目がオープンハイハット、4拍目からメロディ、などというめまぐるしいPGM Changeの嵐がそこら中に埋め込まれている。打ち込んだ本人ですら、リズム系は何がどこでなっているのか正直、よくわからない。でもFM音源全盛期は、こんな感じでいかに遊んでいるchをなくすか、で競い合ってたよなー。隙間があればディレイをかけるとか。懐かしい。

まー、よかったらお楽しみください。

iYM2151 : Operation Seedleek from MSX版 沙羅曼陀

いつもグチグチ文句いってばかりだけど、なんだかんだで触っているiYM2151。今度はMSX版沙羅曼陀のオープニングを作ってみた(なんか前のYs IIといい、オープニングばっか作ってるな)。今回はパート数が壮大に余っていたので勝手にアレンジしちゃったけど、iYM2151をお持ちの方は5-7チャンネルをMIXERでMUTEすればそこそこ原曲に近づくかと。

↓iYM2151のファイル

http://dl.dropbox.com/u/15518440/iYM2151/Operation_Seedleek.iym

沙羅曼陀はアーケード版がオリジナルで、ファミコン版をはじめとして多数のプラットフォームに移植されたグラディウスシリーズ2作目の名作…なんだけど、実はMSX版沙羅曼陀はそんなアーケード版の「移植」と言うよりは、「アーケード版インスパイア」な別ものといっていい。実際、Wikipediaではエントリーが別々になっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/沙羅曼蛇

http://ja.wikipedia.org/wiki/沙羅曼蛇_(MSX)

MSX版のBGMはアーケード版沙羅曼陀とライフフォースの曲をSCC5音+PSG3音にアレンジしたもので、いろいろな機種へ移植された沙羅曼陀の中でも一番音楽的に聴けるものだったと思う(アーケード版は正直なところFM音源の使いこなしがまだこなれていない感じで、個人的にはちょっと残念な感じ)。

オープニングはアーケード版にはなくて、映像も曲もMSX版独自のもの。途中五拍子をシラッとはさんであったりとか地味にかっこいい曲だと思う。MSX版にしか入ってないから、隠れた名曲なんじゃないかと思うけど、どうだろう。

今時当時のMSX稼働できる状態で維持している人はよほどのマニアだろうけど、幸いWiiのVirtual Consoleで遊べるみたいで、Youtubeにも動画がおいてあった。原曲はコレ。しかし、人に見せたいときにちょっと検索するだけで欲しい動画に到達できるという…なんか便利な時代になったなぁ…

改めて聴くと最初の警告音はもっとデチューンしてもよかったな、失敗(動画直すのはめんどいのでiymファイルだけ修正した)。iYM2151ってテンポが最大で360で16分音符までしか入力できないので、こういう効果音っぽいのに向かないよな~。

iYM2151 : To Make the End of Battle改訂版

iYM2151が期間限定半額(それでも1,500円)だったり、(サンプル追加だけみたいだけど)アップデートがきたりとか、プチお祭りモードだったので、自分も裏でこっそり(?)更新していたYs2オープニングを改訂してUpした。iYM2151買ってみた方はよかったら楽しんでくださいな。

iYM2151用のデータはこっち。

http://dl.dropbox.com/u/15518440/iYM2151/TO_MAKE_THE_END_OF_BATTLE_v3.iym

前回は自分の思い出を頼りに(?)作ったけど、今回はPC98版のオープニングと思われるこれを参考にした…のだけど…

こうして並べちゃうと、まだまだだなぁ。98版が全体的にコーラスがかかったみたいになってるのは、多分FM音源とSSGのピッチのズレとか98のオーディオI/Oの特性じゃないかなんて思っているけど、それを差し引いてもベースの音がやっぱり全然違う…

でも半年もかけていじっていると、さすがに学ぶことも多少はある。実は最近気づいたのだけど、iYM2151はゲートタイムが短い。多分そういうデザインであって仕様なのだろうけど、Falcomのドライバで出ている音は次の音までギリギリまで出ているので、iYM2151でそのまま打ち込むと音が切れるのが早くて別ものに聞こえてしまう。

BASICのPLAY文(…っていつの話だよ)で書いていた頃は、確かMMLにQとかってゲートタイムを調整できる機能があった気がするんだけど、iYM2151はそれに相当するものがないので、音符の長さか、Release Rate(RR)とかSustain Rate(SR)とかで無理矢理調整する(しかないと思う)。

今回の場合はリリースにはいっても音をリリースしないということで、キャリアのRRを0(全く減衰しない)という豪快な設定にすることで回避した。当然このままだと音が出っぱなしになってしまうので、本当に音を切りたいところではRRを設定してやる必要がある。

そんな事情もあって、今回のデータは途中で再生を止めると「びよぉーん」とか音が鳴り続けてしまうので、音を止めたいときはSAVE/LOADボタンを押してMAINを押して帰ってきてください > iPadで実際に再生する方

それにしてもこのシーケンサはほんと、使い込んでも慣れないわ。使いづらすぎ。当時(1980年代…)ベーマガとかみて打ち込みやってた人たちは、MMLで書いてiYM2151で再生、って使い方をしたいんじゃないかと思うんだけど、そういう道は開かれないのかなぁ。

iYM2151 Data

youtubeには動画としていくつかiYM2151の音源あげているのだけど、iYM2151の元データはどこにも公開していなかった。別に隠しとくようなもんでもないので、公開してみようかと。youtubeにあげてから時間のたってるデータは若干変わっているけど、まぁ細かいことは気にしてはいけない。

iYM2151持ってないと再生できないけど、万が一間違ってDETUNEに3,000円寄付してしまった人は.iymをメールで送りつけてiPadから添付ファイル開くと再生できるので、よかったらどうぞ。

To Make the End of Battle 【→ 改訂版作りました

言わずと知れたYs IIのオープニングテーマ。最近は古代祐三といえば世界樹なのかもしれないが、俺らの世代にとって彼の代表曲は間違いなくこれ。
ベースの音がイマイチだけど、まぁ聴けなくはない。

Dark City – from The Scheme

「究極のゲームミュージック」は明らかに言い過ぎだったけど、ゲームの人気がないにもかかわらず、やたらに音楽だけ人気の高かったThe Scheme。OPNバージョンとOPNA(サウンドボードII)バージョンがあって、普通は同じ曲の別音源バージョンを用意すると思うのだが、Schemeの場合それぞれが全く別の曲という斬新な方式だった。本領発揮しているのは後者だけど、この曲は前者の方。

Ice Ridge of Noltia
Ys IIからノルティアの氷壁。後半のドラスピギター改造音がちょっと失敗しているけど、まぁそれっぽく聞こえるレベルにはしたつもり。

iYM2151

少し前にiYM2151というアプリケーションがiPadに登場した。80年代に一世を風靡したYAMAHAのFM音源…そのLSIの一つであるYM2151をiPad上に再現したもの。FM音源といえばDX/TX系シンセだけど、2151はX1のFM音源ボードやX68kに搭載されるなどパソコン系での活躍が主な感じだったと思う。あとアーケードゲームにもよく載ってたな。FM音源時代のゲーム音楽が大好きな自分的には、かなりツボなアプリとなった。

音源部を本家YAMAHAが開発していることもあり、音の再現度はかなり高い。しかし残念なことに再現度だけでなく価格もかなり高くて、iPadアプリなのに3,000円と強気な設定。海外では「興味はあるけど高すぎるだろ」という意見をよく見る。YAMAHAへの上納金が相当入っているのだろうけど、それでも確かに高いよね。1,000円台くらいじゃないと売れないんじゃないかなー。

FM音源

一口にFM音源といっても、オペレータ(誤解を恐れずに言えばアナログシンセのオシレーターみたいなもん)数が2/4/6/8とか同時発音数が3/6/8/16とか、かなりいろいろな種類がある。2151はスペック的には4オペレーター8音同時発音。メジャーなシンセサイザーだと同じ4オペ8音のTX81Zあたりが近いが、あちらはOPZというやや新しめのタイプで、オペレータの波形を選択できるのでより音作りの幅が2151よりも若干広がっている。どちらかというと最近中古市場で高騰しているDX100とかが一番近いか。ちなみにX68kなんかと違ってADPCMがないので、往年のゲーム音楽をコピーするには2151のみだとドラムやオーケストラヒット、ボイス系なんかをFMで代用しなくてはならず、かなりつらい。iYM2151で完全再現狙うならドラスピとかファンタジーゾーンとかあたりだろうか。

シーケンサ

iYM2151はiPadのシンセものなので、Core MIDIで外部から入力を受けられるとよかったのだけど残念ながらそうはなっておらず、MIDIキーボードからの演奏とかができない。Core MIDIなしのFM音源単体ではさすがにごく一部のマニアックな人以外遊べないので(?)、一応シーケンサがついている。

これ、DS-10だかM01だかの流れを踏襲したものらしいのだが、個人的にはいろいろな意味でかなりいけてないと思う。メチャクチャ使いづらい。当時の雰囲気を再現していて不便なところも懐かしいでしょ、みたいな話も聞くが、ボタンや液晶画面が似ているだけで20年前こんな操作感のシーケンサはなかったわけで、少なくとも俺にはいいわけにしか聞こえない。

MMLモードみたいなのもあるが、これも偽物である。ただMMLっぽく単音を表示/指定できるだけで昔懐かしいMMLで書けるわけではない。昔ベーマガ見ながら打ち込んだ人はここを誤解して3,000円ポイしないよう注意が必要。

でもまぁ、今時MOTUのDigital Performerにしがみついているような人の意見なので、最近のシーケンサになれている人は案外大丈夫なのかもしれない。あ、そういえば今春発売だったはずのDigital Performer 8ってまだ出てないけど、来年の春だったのか?

iPadアプリとして

なかなか面白いツールなのだけど、使いづらいシーケンサーと、難解とされているFM音源エディットの相乗効果もあってか、いろいろなところで話題にはのぼるものの、使っている人をほとんど見かけない。特にシーケンサーは、もう少し編集機能を増やしてもらわないと、長い曲は打つ気力が出ないと思う。誤操作でeraseした時もUndoがないようなので、ただただ某然とするばかり。

その他にも、保存すると結構な確率で(保存されずに)アプリごと落ちるとか、LFO Depthが正常に記録されないとか、結構イラッとくるバグがたくさん残っている。話題先行でリリースを急ぎすぎたのではないかと疑わざるを得ない。

マニュアルも売り物とは思えないレベル。手抜きだよねぇ、あれ。どっかの外人のレビューでも、このアプリは使いながら慣れるしかなくてひどいって書かれていた。高いアプリなんだからもう少ししっかりつくってもらわないと…

開発元はiYM2151のすぐ後に別のアプリリリースしていたけど、なんか順番間違えているんじゃないかという気がする。バグ修正はまだ一度も来てないし、どっかの記事で書かれていたサンプル曲の追加も来ていない。

いい音源もっているのになんかいろいろな意味で残念なアプリになっている。俺は結構遊んでいるけど、他の人に勧めるにはいろいろアレ過ぎるので早いところ何とかしてほしいところ。