部屋の照明修理 Season 2

 

 

部屋の照明は20年くらいになろうかという年代物。過去にはコンデンサが噴いてしまってチカチカするばかりで点灯しなくなって差し替えたりもしたけど、だましだまし直しながら使い続けてきた。

しかしついに先日全く点灯しなくなった。トランジスタが焼き切れたっぽい。どの足にテスタを当ててももれなく通電。ご臨終だな…でもまぁ、そこまで原因がわかっているならパーツ交換で何とかなるだろう、といういつもの軽いノリで、往生際悪く修理作業することに。

それで早速Webから同じパーツをオーダーしようと思ったのだけど、調べてみるとこれがおもしろいくらい売られていない。すべてディスコン。まぁ製品自体が20年前のものなのだから、当たり前か。

仕方がないので代替品を用意することに。トランジスタ系の交換は初めてでサッパリわからないので、アナログ回路の入門書を見ながらデータシートの見方をちょこっと勉強して、データシートとにらめっこしながら適当に3つの品を選定した。

回路シミュレータでスッキリわかる! アナログ電子回路のキホンのキホン

今回差し替え対象となったのはこの3個。

  • Panasonic 2SC4559
  • Panasonic 2SK1605
  • Fuji Electric 2SK1819

それぞれ以下で差し替えた。

  • ST Microelectronics BUL58D
  • ST Microelectronics STF6N52K3
  • ST Microelectronics STF8NM50N

本当にスペック的にOKなのかは知らない。でも、割と近いスペックだと信じている。素人なりに。

写真は、上が元々ささってたパーツ、ヒートシンクに取り付けてあるのが新しいパーツ。

1st 2nd交換したらフツーに点灯した。むぅ、まだまだいけるw

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s