BFD3 Multiple Output Assignment in Digital Performer 8

BFDFXpansionの開発している、ドラムに特化したソフトシンセの定番。ハードウェアシンセのおまけ的についているリズム音で我慢してきた(?)DTMの世界に、リアルなドラムがもたらされたのはこの音源がきっかけではなかっただろうか。初めて聞いたときは、音のあまりのリアルさに驚いたものだ。最近はOcean Way Drumsとかの競合も出てきているけど、使いやすさと音の良さのバランスでいくとBFDも負けていないと思う。

そのBFD、普通にDAWにロードするとステレオのソフトシンセとして設定されるのだけど、内部ではドラムやアンビマイクを個別のAuxトラックに流すこともできるようになっている。何がうれしいかというと、デフォルトではすべてのドラム・アンビの音が1ステレオトラックで出てきてしまうところを、DAWのAuxに出力することでキックとかスネアとかアンビを個別のオーディオトラックとしてDAW上に配置できる。たとえばスネアにお気に入りのAUプラグインをかけるとか、DAWでオートメーションを書くとか、そういった編集作業の効率が飛躍的に高まる。

もちろんBFD自体にもミキサーはついているし、割と本格的なエフェクターもついているのでそのまま使っても問題はないのだけど、AUやVSTでいいコンプやEQなんかを持っているとそっちをかけたくなるものだし、細かい音作りをし出すと内蔵ミキサーは物足りない。

そんなわけで、自分はBFDをあげたらまず最初にBFDのマルチアウト設定をする訳なんだけど、これ、DAW側の設定なので手順がDAWごとに違ってくるし、BFD側の説明書にもあまり詳細な説明がないということで設定方法がわかりづらく、初心者が必ず一度は陥るトラップだと思う。というか自分が何度も同じことをGoogle検索しているので、ここらでちゃんと手順まとめておこう、と。

そんなわけでDigital Performer 8とBFD3を使っているあなたのため(いや、次回また手順を忘れて困るであろう未来の自分のため)の、BFD設定手順。

  1. Digital Performer (DP)を起動して新規プロジェクトを作成。Instrument Trackの追加でBFD3 (Stereo)を選ぶ。DP8-BFD-01_Add_BFD
  2. BFDのトラックが作成されて、マスターのオーディオ出力に接続される。この状態でもプリセットをロードすればすぐにステレオ出力のドラム音源として使える。BFD側のミキサーでいうMasterがここにつながっている。DP8-BFD-02_BFD_Added
  3. 個別のドラムをトラックとして取り出すためには、ほしいトラックの数だけAux Trackを追加する。ProjectメニューからAdd Track – Aux Trackでいけるけど、たくさん作るのでCommand + Ctrl + Aのが楽。DP8-BFD-03_BFD_Add_Aux
  4. 追加されたAuxのInputをクリックして、インプットとしてBFDからの出力を割り当てる。BFD3で自動割り当て(後述)するとMasterのほかにStereoのトラックが1つ(以上)割り当てられるので、それを拾うためにNew Stereo Bundleを選び、BFD3の3-4を選ぶ。なんでBFD3 1-2がないのかというと、最初に作られたBFDのInstrument Trackが割り当てられているのが1-2だから。DP8-BFD-04_Aux_Assign_Input
  5. こんな感じになる。ステレオマイクなのはMasterと今作成した3-4の2つだけで基本、事足りるので、あとはモノラルトラックの追加になる。DP8-BFD-05_Aux_Assigned
  6. で、手順的にはこれの繰り返しなんだけど、こんな面倒くさいのを20回も繰り返せないので、続きはBundleウィンドウで作っちゃう。DP8-BFD-06_Bundle_Menu
  7. Bundle画面にいってInstrumentsタブ(?)を選択している状態でAdd Multipleボタンを押す。ダイアログが出るので16 monoトラックを追加する。DP8-BFD-07_Add_Multi
  8. できた。うーん、これは楽ちん。でもデフォルトのポート割り当てが実は間違っていて、このまま音を出すとAmbiマイクしか鳴らなくてとても悲しい感じになってしまう。DP8-BFD-08_Added_Multi
  9. 正しくは以下の図の通り。何でこうなるかというと、BFD3には全部で48の出力があり、1-16までがステレオ8系統、17-48がモノラル16系統になっているから。前半はともかく後半が非常にわかりづらいんだけど、17以降もあたかもステレオのように並んでいて実際にはL側のトラックだけを使うことでモノラルになっている、と思っておけば良い、というのが俺様的解釈。DP8-BFD-09_Correct_Assign
  10. ちなみにBundleを追加しただけではAuxトラックは作られないので、Command + Ctrl + Aで16トラック追加。配置が終わるとこんな状態でまだインプットが割り当たっていない。DP8-BFD-10_Add_Multi_Aux
  11. Inputを1個ずつ選択していく。でもすでにBundleができあがっているので、New Mono Bundleのサブメニューをたどらなくても、上から順に選んでいくだけで良くなっているのがポイント。DP8-BFD-11_Assign_Input_Again
  12. とりあえずこれでDAW側の準備は完了。この時点でドラムを鳴らしてみると、最初に追加したInstrument TrackのInput Monitorだけが反応しているのがわかると思う。これはまだBFD側がステレオ出力の設定になっているためで、BFD側でDPのAuxトラックに流し込む設定をすると、個別トラックから音が出るようになる。DP8-BFD-12_All_Aux_Assigned
  13. BFD3からはこの出力の割り当てが非常に楽になった。ミキサー画面のところで右クリック、Auto-assign Outputs (Direct)を選ぶ、これだけ。Directはすべてのドラムを個別のAuxトラックに順番に割り当ててくれる設定。Mixdownだとスネアとキックだけ別トラックで残りはMasterという設定になるみたいだけど、シンバルとタムが一緒とか個人的には使いづらくて意味不明な設定なので、Directだけあればいいかなって感じ。DP8-BFD-13_BFD3_Auto_Assign
  14. 設定が完了するとこうなる。一番下の出力先がKick / Snare / Masterとかだったのから、Mono1 / Mono2 / Mono3…と変わっている。ちなみにスネアとかキックのAuxが残ったままになっているけど、使わないので放っておいてかまわない。それから、出力先の設定はこのトラック名のところをクリックすることで、個別に設定することもできる(というか、これが本来の手順で、簡略化したのがAuto-assign Outputsですね)ので、特に個別トラックとして処理する必要がないドラムやマイクはMasterへ戻すこともできる。DP8-BFD-15_BFD3_Auto_Assign_Complete
  15. ここまで設定してドラムを鳴らすと、先ほどと異なり追加したAuxトラックのInput Monitorにも反応があるのがわかる。とりあえずこれで一通りの設定は終わりで、あとは各トラックにお気に入りのAUプラグインをさすなり、DAWでオートメーションを書くなりすれば良い。DP8-BFD-16_Ambi_Response
  16. …なのだけど、どうもトラックを見たときにBFD3-1 3-4とかっていうInputの名前が具体的にBFD側の何に対応しているのかがわかりづらく、ちょっと不便だ。そこでBundleウィンドウに戻って、Optionクリックで各Auxの名称を変更する。DP8-BFD-17_Change_Aux_Name
  17. BFD側の出力先名称と併せてBFD-Stereo-02とかBFD-Mono-01とかしておくのがわかりやすいと思う。DP8-BFD-18_Change_Aux_Name_Complete
  18. で、いざトラック一覧に戻るとどれが何ドラムなのかがわかりづらいので、これはTrack名称の方に書くことにする。これもOption+クリックね。DP8-BFD-19_Change_Track_Name
  19. うむ、だいぶ良くなった。最初からこれくらいになっているとうれしいんだけどなぁ。DP8-BFD-20_Change_Track_Name_Complete
  20. あとは好みだけど、BFDがMasterに直結だとBFD全体のボリュームコントロールするときに不便なので、BFDをまとめるためのStereo Aux (bus 1-2)を1個追加、出力先はMasterでInputをbus1-2にして…DP8-BFD-21_Add_Master_Aux
  21. bus 1-2とそのトラック名をBFD Masterとかにして、すべてのトラックの出力先をMasterトラックからBFD Master(今つくってリネームしたbus 1-2)に割り当てれば完成。BFD全体の調整をしたいときはBFD Masterトラックを、個別のドラムを調整したいときは各Auxトラックを調整すればいい。DP8-BFD-22_Complete

これだけのことを毎回やると疲れちゃうので、テンプレートにしておくと完璧ですな。

Advertisements