成都プログラミングツアー 2012 Part4

宿泊施設編

中国の朝の通勤ラッシュは結構ひどく、車がなかなか動かなくてイライラなのは当然としても、地下鉄もグチャグチャで危ないので避けた方かいいと言われた。なのでソフトウェアパークの近くのホテルを抑えたのだけど、実はこの辺りはホテルに関してはそれほど選択肢が多くない。

ソフトウェアパークまで歩いて行くのであれば、Holiday InnとInterContinentalが場所的には近い。Holiday Innは二軒あり、west側の方が若干近いが、差は徒歩にして2分くらいの誤差レベル。InterContinentalは弊社の「奴隷が泊まってもいい施設リスト」にのってなかったため、最初から検討対象外。

これはHoliday Inn East、遠い方。4月はこっちに泊まった。ホテルの看板よりも盛大に近所のマンションの分譲広告を出すという手法が新鮮である。

_0011884
こちらがWest。6月はwestを予約できた。施設としてはwestの方が古くて大きいのだけど、やはりコンビニ、駅、ソフトウェアパークから若干近く便利な分、予約はwestが先に埋まるようだ。_0011944

さてこれは何でしょう。

_0011908

洗面台の栓。これ、部屋に入って最初は最初閉じていたんだけど、開け方が分からず。何も考えずに手を洗う→水がたまる→待てども待てども流れない、という困った状態に。普通は近くにあるレバーを引き上げるとかで動くと思うんだけど、そういうものがどこにも見当たらない。

いろいろ探したけどどうしても分からないので一緒に行った先輩に聞きにいったところ、コイツ自身を直接押せば開くのだという。なるほど、そういうタイプがあるのか…あまり旅行とかしないから知らなかった。手洗いくらいで良かったけど、間違って歯磨きしてグジュグジュ、ペーとかやってたら、到着初日からかなり嫌な気分になっていたことであろう。

部屋はなかなか余裕のあるサイズ(写真はeastの方。westもちょっと古い以外はほとんど一緒)。写真はちょっときれいに写りすぎな気がするけど。中国の田舎にあるようなかび臭くて真っ暗な部屋でなくて安心した(それでも東側の中国人にいわせると成都はかなり田舎らしいけど)。

_0011909

テレビ、デスク、冷蔵庫完備。テレビは昔懐かしのブラウン管。ブラウン管にあまり違和感を感じないのは自分がブラウン管テレビしか所有したことがないからか。パソコンは長らく液晶モニターだけど。テレビ番組の方はNHKやらNBCやらいろいろやっていた。中国語はさっぱりなので、日本語ないし英語で聞けるのは助かる。

_0011911

 

あと最近当たり前になりつつあるInternet接続はWired/WirelessともにOK。結構広範囲にWi-Fiが届いていて、ホテルの入り口くらいまでは通信できていた。VPNもブロックされていなかったのでホテルに戻っても仕事が継続できるという、正真正銘の奴隷仕様。尤もVPNはサーバー側が中国からの接続をブロックとかしていたら終わりなので、接続先の設定にもよるけど。自分も昔自宅でサーバーあげてたときはChina/Korea/IndiaからのSSHポート接続があまりに多かったので、SSHのポートを6万番台に移した上でこのあたりのIPからの接続ををFirewallで全部捨てるようにしていた。

ちなみに地下鉄の駅名にもなっている「世紀城」はCentury Cityと訳しているらしいんだけど、日本語ではセンチョリーシティーと書くらしい。
_0011915

…そこは間違えちゃダメなんじゃ?

6月にwestに行ったときにも部屋に入って真っ先にチェックしたけど、そこは利用者の期待を裏切らない、安定した品質。

_0011984

Holiday Inn…やるなぁ。

ホテルの食事

4月と6月の2回いったのだけど、4月にいったときはJTBの手配ミスなのか、朝食付きプランになっていた。会社のルール上出張での朝食付きは基本的に選べないはずなんだけど。んなわけで本当は仕事しにいっているんだけど、朝からビュッフェ形式の豪華な朝ご飯を満喫。この辺りは外に出ても朝ご飯を食べるようなところがないので、朝ご飯はホテルで食べられるならそれに越したことはない。ただし、ホテルの朝食は昼飯が外のお店で何食も食べられそうな値段を提示されるので、会社が払ってくれるとかでなければオススメはしない。

_0011919

昼も夜も辛い炒め物ばかり食べているので、朝は毎日洋風にしていた。こんな感じで材料かき集めてきて、IMG_5544俺様特製サンドイッチ。ハンバーガー屋さんのまかないみたいで、ささやかながら毎日楽しかった。IMG_5549フルーツとかもまぁ無難。東南アジアのホテルなんかは、現地の料理は口に合わなくてもフルーツだけはどれもすごくおいしかったりするんだけど。ここは東南アジアではないので(?)ちょっと中途半端だったかなぁ。IMG_5551

周りの人が何を食べているかも静かに観察していたんだけど、ある日中国人の人が朝っぱらから担々麺食っているのを見て、俺もいつかやらなければ!とおもい、最後の日に勇気を振り絞っていつもは軽く会釈するだけのシェフに告白した。

「担々麺」

自分一人では他の言葉はしゃべれないので、ひたすら「担々麺」を連呼して敵を圧倒する作戦。「〜をください」すらなんていえばいいのか分からない。おかけで担々麺が食べたいという情熱は伝わったようだった。

担々麺はメニューに載っているわけではないので、その存在を知らなければオーダーすらできない。朝から担々麺なんか食べていた見知らぬ中国人のオッサンに感謝である。_0011874

ちなみに街中のレストランで食べる奴のが中国っぽいというか、上品すぎなくておいしかった。街中で食べている暇がなかったとかなら、ホテルでいただけるのはうれしいかも知れない。

_0011875

InterContinental

InterContinentalには宿泊していないのだけど、目の前にあってものすごく豪華だったので「少し見学しよう」ということで中をのぞいてきた。
_0011869もうなんか、Holiday Innとはレベルが数段階違う。雰囲気作りがただ事ではないレベルで、照明も効果的。すごい。_0011870

InterContinentalは周りもいろいろ同様にこった作りになっている。歴史的な街並みとモダンなデザインを取り込んだような不思議な雰囲気。夕方からは様々な色でライトアップされて非常に美しい。基本的にはレストラン街になっている。_0011867仕事でなく観光だったら間違いなくこちらに泊まった方が楽しいと思うが、しかし観光だったらこんな僻地ではなく都心部の方が利便性がよい。世紀城は幕張メッセのようなコンベンションセンターがあるのだけど、おそらくそこでイベントが催される時の客を期待しているのだと思う。観光に使うには少々都心から遠すぎる。

そんなわけで、Holiday InnのWest Towerがソフトウェアパークで奴隷として働く皆様には大変おすすめとなっております。

Advertisements

成都プログラミングツアー 2012 Part3

2013年も半分が過ぎたというのに、今更2012年の成都出張を写真で振り返るシリーズ。しかも、プログラミングツアーを掲げながら一言もプログラミングについては話さないという…まぁ仕事の関係で書くべきでないことが多いし、職場の写真もセキュリティ絡みで貼れないので仕方ない。

Chengdu Tianfu Software Park編

成都にはTianfu Software Park(天府ソフトウェアパーク、日本の漢字で書くと天府軟件園かな)というエリアがある。地下鉄最南端の世紀城からさらに徒歩10分以上という都心部からはだいぶ離れた僻地だが、ソフトウェア開発を中心としたハイテク関連の教育施設や、企業が集中している。なかはさながら大学のキャンパスのようで、歩いている人は若者ばかり。

最北端エリアの入り口には010101…と彫り込まれた謎のオブジェ。

_0011813

Google Mapsで探したら同じところのズームアウトした写真があった。この辺。Googleの地図で見るとスッカスカだけど結構ビルがたくさんある。敷地の周りは建設中のマンションやらビルやらがすごいことに。本当にこんなにたくさん需要あるの?っていうくらい、そこら中に建設中。周りを見渡せば視界はみんなこんな感じ。

_0011839

ここで働いている人たちはみんな車で通ってきていて、近所に住んでいるという人はいなかった。まだまだこれから発展するエリアなのだろう。

南北に縦長の構造になっているソフトウェアパークは、歩いて縦断するのをためらうくらいに長い。というか普通歩かない。辛い食べ物ばかりで飽きていたところに「マクドナルドが2ブロック南にあるよ」っていわれて、2ブロック歩いたら往復30分は軽くかかるとか、そんなレベル。広い。

McDonald’s

で、そのマクドナルドはこれ。方向が逆なので肝心な建物が写っていないけど、見慣れた赤い看板が目印。マクドナルドなら英語も通じるのでは?という一方的な期待で英語で話しかけてみると、案の定全く通じないんだけど、English、Englishって騒いでいたら(無力…)、カウンターの下から英語表記のメニューがでて来て、一言もしゃべらずに指差しで無事オーダーすることができた。さすがワールドクラスなお店は違う。

メニューは日本のそれとまぁまぁ似た感じ。ただ、そこらで中華料理のランチ食べるよりも値段が少し高いくらい。滞在中に一度行っておけばいいかな、くらいの感じではある。日本で食べられるものを頼んでもおもしろくないので、キャンペーン中だった辛い鶏肉バーガー(名前はよくわからん)。


IMG_5590

ビッグマックのような紙の箱に入ってやってくる。すごく辛いのを期待したけどピリ辛レベル。まぁなんというか、四川だからってみんなが北極ラーメンレベルの辛いものを食べているわけではなく、唐辛子をつかった料理が多いだけなんだろうな。逆に日本の激辛みたいな、馬鹿みたいに辛いのはあまりないように思う。
IMG_5592

Cello Coffee

Software Park内の各建物にはアルファベット+数字一桁の名前が振られている。北のエリアのA9という建物(美食広場?)は1Fが食堂になっているので、お昼になると各建物からたくさんの人たちが集まる。フードコートあり、似非韓国料理あり、でも基本中華。中華も本来はいろいろあるはずだけど、ここは例によって赤いやつばかりなので、辛いのが苦手な人には少々厳しいコース。

そんな中で唯一、洋食っぽく、なおかつジャンクフードではないものがいただけるのが、A9最南端にあるCello Coffee。
_0011831合計2週間も過ごした割にこの店は二度しかいかなかったのだけど、中華も洋食もありで、いろいろと好みのわかれるメンバー同士で行っても大丈夫。3人でいったときはピザ、サンドイッチ、スパゲッティと本当にバラバラな注文をした。ただし周りのお店よりも少し割高な感じで、他の店に比べるとちょっと空いていた。

このCello Coffee、店員に少し英語が通じる。そこらへんを歩いている人には、日本と同じで全然英語は通じないので、現地の言葉がしゃべれない自分みたいな人としてはこれは重要なポイントになる。同じA9の建物には日本でも見慣れたSubwayがあるけど、何しろここですら英語は全くダメ。

_0011837Subwayは、ホテルの近所にカフェがなかったこともあり朝飯に使えるかと思って「朝何時からやっていますか」って聞いたんだけど全く通じず。あ、でも余談だけど、スマホにGoogle翻訳で中国語に翻訳したのをしゃべらせたら通じたんだよね。Googleスゲー。このとき中国行くときはスマホ必須だと思った。この時はクレカ流出で話題になったGlobal Dataの3G mobile routerもっていて、結構重宝したんだ。おかげさまでカード不正使用されてカード番号変わりましたがね…

で、自分の注文したピザ。特別に美味しいというわけでもなかったけど、毎日昼も夜も中華で飽きているので、たまにはこういうのが欲しくもなる。日本ほど様々な国の料理が食べられる国は他にないとよくいうけど、たまに海外に出ると本当にそう思う。それでも成都はインドよりずっといいけど(インドに行くとカレーしかないのはほんと勘弁)。

_0011824

ご飯と炒め物のセットみたいなのもある。こういうのはここでは割と定番っぽい。フツーにおいしい。

_0011892

追加でエビと野菜の炒め物を注文した。赤くない。ここは注文すると普通に、日本で食べるような優しい中華料理がでてくる(ことが多い)。もちろん注文を間違えれば真っ赤な炒め物とかもあるので危険だけど。
_0011896

そのほか

これはCello Coffeeの向かいにある中華料理屋さんの麻婆豆腐定食。毎日麻婆豆腐食べているからもういいだろう、って感じなんだけど、このお店は安い割に結構おいしかった。IMG_5625

これはまた別の店だったと思うんだけど、見た目が衝撃的でつい手に取ってしまった。名前はわからないけど、冷たい辣油の海に浮かぶ鶏肉。お約束の花椒もきいていてまさに四川。四川料理って適当に頼むと半分くらいこんな色なんだよな。

2012-06-13-12.35.18

See & Seen

北側のエリアの入り口には郵便局があるのだけど、これはその隣にあるCoffee Shop。いつも金髪のおじさま達がたむろしていたけど、中に入って値段をみたらあまりにも高かったので驚き、笑顔で立ち去り、ついに中国を去るまで一度も入ることはなかった。だってコーヒー買うだけで他のお店へ行けば昼飯1食いける値段…

_0011845

実は成都には合計三回いっている。中国でおいしいコーヒーになかなか巡り会えないのは分かっていたので、このときはドトールの小分けのドリップコーヒーを持って行った。それほどかさばるものでもないし、中国に行くなら絶対に持って行った方がいい。

2012-06-11-07.38.42

別にコーヒーが存在しないわけではないし、街に出ればスタバも結構ある。金さえ出せばコーヒーを出すお店はあるのだけど、日本でいうところのドトールみたいな、安いけど美味しい、庶民向けのコーヒーがない。缶コーヒーとかもないし。

というわけでソフトウェアパーク食糧事情でした(あれ、そういうテーマだったっけ?)。

Matias mini tactile pro

今日は起きたら頭が痛かったので、会社をサボって休んでMatias mini tactile proを受け取ることにした。好きなこととはいえ土日も仕事やってるんだし、調子の悪いときにたまに休んでも罰も当たるまい。今もまだ頭痛い。

配達は突然に

なぜかMatiasの「台湾の工場から出荷されたよ」メールの翌日に突然、日本郵便から配達された。いくら台湾が近くても、国際郵便は1日で届かないだろ〜。どんなタイミングでメール送っているんだ、あんたらは。

2013-08-08-12.09.28

mini tactile proは2013年3月にその存在をWebで知って即オーダーした。しかし当初5月といわれた納品は何の連絡もないまま6月、7月と勝手に延期され、もう手に入らないのではないかと思った頃、順当に8月に延期された。どうせこのまま9月に延期するのだろう、と思っていたところで想像していなかった8月1週目の配達。もうちょい運営をしっかりやってほしい。延期している間も一度も連絡ないし…

tactile pro

mini tactile proのベースは、Matiasの主力製品であるtactile pro。テンキー付きのフルキーボードで、ボンダイブルーなブラウン管iMacの頃のAppleのキーボードに似た形状、特に上部の左右両端にUSBデバイスをデイジーチェーン接続するための端子がついているあたりはGS Keyboardあたりからの伝統。

tactile proがなかなかよさげなのは以前から知っていたし、今は日本でも割と簡単に手に入る。でもAppleのKeyboard IとかGS Keyboardなんかと比べるとかなり大きくて邪魔くさかったので、ずっと手を出さずにいた(初代はALPSのスイッチだけどそれ以降は似ている別物ってことでプレミア感もなくなっていたし)。

そこに来てこの小型モデル。結構これを待っていた人は多いんじゃなかろうか。mini tactile proは最近プログラマーが16進ダンプとかを入力しなくなった、のが理由かどうかは知らないけど、tactile proからテンキーを省いたコンパクトモデル。ただ、コンパクトといってもHHKなんかと比べるとかなり大きい。やはりこの辺はアメリカ感覚なコンパクト、だと思っておいた方がよい。あ、Matiasはカナダの会社だけど。

いざ開封

本体ももちろんだけど、箱もコンパクトでいい感じ。キーボード以外にUSBケーブルが入っている。予想に反して色が銀色で、本体と明らかに合ってない感じがしたので使わないけど。
2013-08-08-12.10.34

テンキーをすてて、カーソルキーとPage Up/Down、Foward Deleteを右端に無理矢理詰め込んでいる。率直に言って美しいレイアウトとは言いがたく、もうちょいなんとかできなかったのか(特に右の方)と思うが、よく使うであろうキーを隙間にがんばって詰め込んだ努力は買いたい。さらにカーソル右上のFnキーと組み合わせることでPage Up/DownがそれぞれHome/Endになる。カーソルキーにはFnの組み合わせでF13〜F15とCDイジェクトが割り当てられている。
2013-08-08-12.14.44

キーの文字はレーザー刻印だとか。若干ピンぼけしたように見え、特に美しいということもないんだけど。各キーの右上にはOptionキーの組み合わせで入力できる特殊記号が書かれているが、余計なものが印刷されておらずすっきりしているのが美しいとされることも多いUSキーボードを考えると、これは好き嫌いがはっきり分かれそう。

2013-08-08-12.15.39

全体像はこんな感じ。上にUSBポートが飛び出している関係で、縦方向に結構スペースをとる。最近はUSBの入力デバイスって減ってきているし、無理にキーボードからデイジーチェーンする必要ないと思うんだけどなぁ。マウスをつなげたかった昔ならわかるんだけど。このスペースを削って完全な四辺形にする方がデザインとしてはいけていると思うんだけどね。

2013-08-08-12.15.55

横から。このままだと平たすぎて使いづらい。
2013-08-08-12.16.32

足が裏に2つついているので、それでたたせるとこの形。これでやっと普通のキーボードって感じ。多段階で調整できるともっといいと思うんだけど、残念ながらON/OFFの二択。キーはAppleの昔のキーボードのようにカーブを描いているけど、よく見ると一番上の列のFunctionキーだけ引っ込んでいてなんか変。ここだけ基板が別なのかなぁ。あまり使わないからいいけど。

2013-08-08-12.16.49

後ろにはmicro USBをつなぐための端子と、左右に次いで3つめのUSBポート。そんなにたくさんいるか?USBポート。ましてこの位置に開けなくても…って気がしてならない。上流につなぐmicro USBも、このデザインだったら横に出せばスマートなのになぁ。よくできたキーボードだけど、デザイン的にはいろいろ細かいところで詰めが甘い感じのする残念な品である。2013-08-08-12.17.29

Apple Keyboard Iと並べてみた。横幅が10キー分少ないけど、奥行きはFunction Keyの1列とUSBポートのバーがある分かなり広がっている。まぁ一般的な89キーのキーボードのサイズはこんなものかな。カーソルキーも逆T字で普通の人が使いやすい配列(いや、横並びのApple Keyboard Iが変なだけか)。

2013-08-08-12.20.33

好みが出そうなのがこのあたりのキーの配列。Page Up/Down、Fn、Foward Deleteはこれでいいのか?個人的にはこのあたりはほとんど使わないのでどうでもいいけど。カーソルキーのところの並びが不揃いに見えるんだよねこれ。

2013-08-08-12.21.17

Forward DeleteがあるということはCtrl+Alt+Delが押せるようになるので、VMwareとかでWindowsのゲストを使う際には重宝するかもしれない。これがAppleの純正アルミキーやMacbookだと、押せないことはないんだけどCtrl+Alt+Fn+BackSpaceなので押しづらくてねぇ。

Apple Keyboard Iと比較すると、わずかながらmini tactile proの方が高さがある。キーはつや消しで、フレームの光沢白との差がだんだん目立ってきそう。交換用キートップとかないのかな。2013-08-08-12.22.08

ちなみにMatiasのキーボードは実物を手に入れてみると、Webで見ていたよりも安っぽく見える、という意見をよく見るのだけど、実際手にしてみると確かにそういう気がする。安っぽいというか、作りが雑。塗装の下にゴミが入ってるみたいな状態のところが数カ所あった。プラモのフレームから外したところをやすりで削ってないみたいな。まぁ使い勝手には関係ないからほとんど気にしてないけど。日本で売ると結構うるさく文句言う人がいるんではなかろうか。2013-08-08-13.03.45
ここまでデザインの文句ばっかいっているけど、とりあえずApple Keyboard Iを外してメインキーボードにしているくらいに、今のところは気にいっている。しっかりしたカツカツ感あふれるメカニカルキーが大好きで、コンパクトなキーボードが好きな人には一応お勧めしておきたい。値段が結構するので誰にでも幅広くおすすめ、とまではいかないけど。

ただ音は想像以上にうるさい。職場の近隣住民から騒音被害で訴えられるレベルのカチャカチャ音。勇気を振り絞って職場に持って行くのもありっちゃありだが、人がたくさんいるところで使うならlaptop proの方がいいかも。

実はmini tactile proをオーダーする際、laptop proにするか結構迷った。でもlaptop proのベースになっているquiet proとtactile proを店頭で比較したとき、quite proはキーを押し込んだときのカチッという感触が弱くて、個人的にはNGだった。quiet proのタッチでも満足できるのであれば、bluetooth接続になっている分laptop proの方がいいと思う。

昔と比べるとろくなキーボードがない現状では、mini quiet proはMac用キーボードとしてはなかなかよい選択肢だと思う。価格が高いとか、なかなか出荷されないとか、作りが雑とか課題はあるけど、こういうものはいつ会社がつぶれて(失礼)オークションで高騰するかわからない。ほしいかも、と思ったらとりあえず買っておくべき。まだ日本では売ってなさそうだし、予備で一個追加オーダーしておくかなぁ。