成都プログラミングツアー 2012 Part2

昨年の成都出張の話の続き。写真を見ながらテキトーに振り返ってみる。

カルフール

成都の中心部にいくとスタバやらマクドといった日本でも見慣れた店が並ぶ。かわったところでは日本が元祖の味千ラーメンとかも。成都はちょっと離れると建設中のビルだらけで何もない、まさにこれから発展する田舎町といった感じだけど、中心部はさすがに高級ホテルや料理屋が並び、ブランドもののお店もたくさん並んでいる。日本から移住しても違和感なく住める感じ。もちろん言葉が通じてお金があれば、だけど。

そんなわけで中心部にはそれはもういろいろなお店があるわけだけど、お土産なんかも含めてお買い物に行くならカルフールがよさそうといわれた。たしかにものすごく広くていろいろなものが手に入るお店だった。日本人ならイトーヨーカドーの方がよさげだけど、すこし遠くなって車で移動になるといわれたので、時間もなかったしカルフールで妥協した。とりあえずお土産に、お菓子かお茶でも買って帰って、あとは自分用に四川料理食材を買い占めようと決めていった。

ちなみにほかの人たちは自分よりも数日早く到着していて、武侯祠をみてその周りの土産物を見るというコースを楽しんだらしい。観光を兼ねるならこれもいいコースだね、確かに(日本語しゃべれるガイドさんつけないと展示されているものはあまり楽しめないと思うけど)。

お土産はプロジェクトメンバー向けは、5、60人規模のプロジェクトだったので、とにかく数が多くて1人分単位で包まれているお茶を選んだ。福建省の鉄観音。え?四川省じゃない?いいのいいの、そんなことはどうだって。俺が飲むんじゃないし。だいたいみんな四川と福建省とか違いわからんでしょ。一応四川のジャスミンティーとかもあったけど、お土産というよりは自分で毎日飲むためのものってかんじのパッケージングでねぇ。

地下の食料品売り場は日本といろいろ違っていて、一人で1時間以上ブラブラしていたけど飽きなかった。中でもすごかったのがこれ。四川料理が好きな人は羨望の的、花椒の山。ビリビリとしびれる独特の香りのあれ。花椒は緑と赤の二種類があるんだけど、緑は日本のお店ではほとんど売っていない。それが、奥さん、すくい放題ですよ。

IMG_5500

花椒のグラム売りなんか日本でやっても絶対に売れないだろうな。あるいは横浜中華街とかいけば普通に買えるのかなぁ。とにかく四川料理には欠かせない食材。日本のスーパーって食材の香りとかあまり感じないけど、アジアのスーパーってこの手の香辛料とかの香りが充満していてすごいと思う。

あとカルフールでは豆板醤を買おうと思っていたのだけど、あいにく自分好みの熟成タイプがおいていなかった。全部紅油、ラー油に浸ったみたいな状態のものばかり。油に溶けているタイプは帰りに鞄の中でこの油が漏れたりしたらいやなので、買わなかった。

豆板醤は日本のスーパーで売っているような赤いのは熟成期間が短いもので、鮮やかな赤色で辛さが強い。一方1年以上熟成されたものは色が黒ずんできて、辛さもやや落ちてまろやかな感じになる。熟成ものをつかって、辛さは粉末の唐辛子(中国語は粉じゃなくて面っていう)でだすと、本場っぽい麻婆豆腐になるとか。まぁ日本でもお店を選べばこれは買えるんで、無理してお土産に買わなくてもいいと思っている。

そうそう、成都には麻婆豆腐発祥のお店である陳麻婆豆腐の本店なんかもあるけど、前回来たときに食べたのでこのときはいかなかった。国営の中華料理店なんだよね、あれ。すごいよなぁ。日本もお台場とか新宿とかにお店がある。でもどの店に行っても味が違うんだよね、あれ。ばらつきがあるというか。成都で食べたのはそれほど辛くなく、むしろお台場の辛さの方がが際立っていた気がする。まぁ現地人によれば陳麻婆も観光向けに合わせすぎているところもあり、あれが一番かっていうと別にそうでもないらしいけど。

カルフールの入っている建物には、Apple系の品を置いているお店もあった。写真だと何撮ったんだかよくわからんけど、真ん中の黒い店ね。現地のプログラマーさん達も、結構iPhone持ってる人とかいたからこの辺は日本も中国も同じだなーと。
IMG_5496

2日目晩ご飯

そうこうしているうちに夕方になってしまったのでホテルへ。戻ったらみんなでご飯。どこのお店だかは外観写真もないし、ぜんぜん覚えてない…

まずは青椒肉絲…って昼食ったでしょ。昼のは青唐辛子が入っていたけど、ここのは普通だった気がする。よく覚えてないけど。

IMG_5527

北京ダック。だった気がする。こういう色のは基本辛くないことが多い。IMG_5529

麻婆豆腐。そんなに辛くなかった気がするが周りはヒーヒーいってた。IMG_5530 これは青唐辛子がはいって結構辛かったんじゃないかな。

ちなみに注文は昔台湾に住んでいたという先輩がしてくれたので、俺ら日本語だけの人たちは黙ってみているだけでよかったんだけど、一人だったら何も頼めないわ、俺。IMG_5534

最後の方はみんなどうでもよくなって、ネタ的に赤いものを狙って注文し始める。でもこれはトマト系で見た目ほど辛くなかった気が。四川料理、写真だけでは味が判断できず本当に難しいわ。

IMG_5536

中国語は全然できないんだけど、白いご飯を注文したいときはバイミーファンでいいらしい。白米飯。ただイントネーションが難しくて、うちらは誰が言っても一回では通じなかった(みんなで5、6回いってやっと通じる、みたいな。端から見ると馬鹿みたい)。メニューにはわざわざ書いてないことが多いので、中国に行くなら覚えておくといい。

部屋の照明修理

部屋の照明が電源を入れてもチッカチッカするばかりで、いっこうにつかなくなった。5分から10分まってるとそのうち点灯するけど、さすがにこの待ち時間はイライラするので直すことに。

何はともあれとりあえず分解。グローランプ交換するだけですむタイプだとよかったんだけど、インバーター式なんでさすがにそこまでシンプルではない。とはいえ開けた感じは実にシンプルで、でかいパーツと足の間隔が「半田付け素人さん歓迎」っていわれている気がする。いや、本当は容量大きいから危険、素人触るなっていっているよね、たぶん。俺には聞こえないけど。

20130526-174451.jpg

実はうちには同じ照明が2つあってもう一つも過去に同じ症状になって。一度は管理会社呼んで交換してもらおうと思ったこともある。

「交換するしかありませんが、古いものなので同じモデルでの交換はできません。見た目がかわりますがいいですか」

「はいいいです」

「では換えの品が入ったら後日また電話します」

「はいよろしく」

という会話をしたところで連絡が途絶えた。むかついたのでそのときも勝手に自分で直した。

まぁスイッチ押しても勢いが足らなくて先に進まないなんてのはコンデンサの容量不足が大半だと思うので、電気照明くらいなら開けてテスター当ててみれば割と何とかなるもんだと、Old Mac直してて学んだ。

いろいろ間違っているかもしれないけどいいんだ、別に。

実際開けてみたところ、奥のやつが抜けてるやつなんだけど、見た目からして明らかに膨らんでいて、わかりやすすぎる。手前のは正常なやつ。

Untitled

 

220μFなので正常だとこんな感じ

20130526-174504.jpg

それがこんな感じだった。もうほとんどやる気が感じられない。

20130526-174459.jpg

案外この手の大容量なコンデンサで同じスペックのものってそこらで売っていなくて(探し方が悪いのかな…)、前回は「品揃え豊富」で「個人も相手にしてくれる」けど「値段は高い」ことで有名なRSコンポーネントで買った。今回は、前回交換した際に「まだそれほどへたっていないけど念のため新品と交換」してしまった190μFくらい出るのが1つ余っていたので、それと交換することにした。たぶんこれであと何年か持ちこたえることができる。RSにオーダー入れると金かかるし、通販だから待つし。

20130526-174509.jpg

ちなみに高いといってもRSでも一個500円もしなかった(と思う)このパーツ、2個取り替えても1000円以内だったはず。なのに管理会社にお願いすると器具丸ごと新品と交換になっちゃうんだから、もったいない。

 

成都プログラミングツアー2012 Part1

写真整理していたら去年の今頃に出張で訪れた、四川の写真が大量に出てきた。そういえば出張記録を書き始めたのがこのblogの始まりだったのに、上海の空港についたところで力尽きてやめてしまうとか、テキトーだったなぁと思い返して続きを書いてみる気に(今更)なった。

もっとも1年前のことだから写真見ながら思い出したことを書いてみようっていうだけなんだけど。そんなわけで2012。

前回までのあらすじ

当時俺様は某大規模プロジェクトの1チームリーダーをしていた。大規模とはいっても、自分のチームに限っていえば開発規模がそれほど大きくなかったこともあって、メンバーは少数の日本メンバーのみで構成して開発する計画になっていた。

しかしプロジェクトの状況が厳しくなるにつれ、何度も上からGD(Global Delivery、中国のプログラマーを使えって話)に切り替えろ、という指示が出ていた。そんなこと突然いわれても困るので俺様は何事もなかったかのように華麗にスルーし続けたが、ある日社内でクーデターが発生し、PMが一夜にしてGD強行派に交代、その他のリーダー体制もPMが望む形で次々に入れ替えられていくという事態に。

GD反対派の筆頭である俺様なんかさっさとクビにしてくれればいいのに、誰がどういう入れ知恵をしたのかプロジェクトに残ることになり、しかも「来週からGDメンバーが10人くるから、遊ばせないように作業指示出しておいて」というかなり不本意かつ意味不明な指示を受けることとなる。2週間後、スキルトランスファーのためにほとんど何の準備もなく、GDメンバーのいる中国四川省の成都へ四川料理満喫の旅に旅立ったのである。これはそのときの記録である。

というわけで、1〜2日目あたりから再開すれいいかな。といっても途中は仕事だから3日目以降はほとんど書くことないか…

そういえば1日目、上海行きの飛行機で昼食にFishで頼んだら、鰻がでたんだよね。これ美味しかったんだ。機内食でこんなまともなご飯でたの初めてで。東方航空ってあまりイメージよくなかったんだけど見直した。まぁ日本発だからだろうけど。

IMG_5428上海で5時間待ちなのは前回(=去年)書いた。5時間待った後は、だいぶ小さい飛行機に乗り換えて成都へ向かう。このときは人大杉って感じで、もう一回り大きい飛行機でいい気がした。タラップも人乗りすぎじゃね?IMG_5460機内食は昼が魚(?)だったので、肉に。漢字で「猪」ってかいてあるけど、中国ではイノシシと書いて豚肉のことらしい。うなぎから打って変わって、フツーの、想像しやすい機内食になってきた。まぁそれでも、インドに行ったときの「Mutton or Chicken?」でどっち選んでもカレーだったという、究極の選択的なアレよりはまだ安心感あるけどな。

IMG_5463

成都につくのは順調にいって夜20時半頃。日本を11時にでているのにこんな感じなので本当に途中の5時間が恨めしい。ちなみに成都の双龍国際空港は、探したんだけど1日目の写真には1枚もなかった。自分的には観光で一度来ていて2回目の訪問だったからつまんなくて撮らなかったのかなぁ。

空港へは言葉が通じないけど会社の社用車でお迎えが来てくれていて、その人にホテルまで連れて行ってもらった。こういうときだけは大きな会社に勤めていてよかったと思う。海外にいって最初に困るのって、変なタクシーに引っかからないよう足を選ぶとかってところだからねぇ…

2日目

土曜日に移動したので2日目はお休み。そんなわけで街中に出かけてみることに。成都では3年くらい前に地下鉄ができていて、南北の移動には結構使える。そんなわけでホテルから近いCentury City駅から地下鉄で移動。タクシーもあるけど言葉通じないから難易度が高いし、時間帯によっては交通渋滞がひどくて車が動かなかったりするので、地下鉄でいけるところならこれがいいんじゃないかと。車も乗ったけど、平日の朝9時とか夕方6時とかは、まともに車走っている感じがしないからねー。

IMG_5508

地下鉄に乗るには、駅の自販機で切符を買う。日本のパスモとかスイカみたいなICカードを買う。販売機は液晶画面で行き先をタッチすればいいだけ(これを体験すると日本の切符販売機はなんとわかりづらいのだろうと思ってしまう)なので、中国語がわからなくてもOK。ただし100元みたいな額の大きい札は入らないので事前にホテルとかでくずしておいた方が吉。

この切符は降りるときに回収される。日本もそろそろ磁気切符やめて全部この方式に切り替えればいいのになぁ、と思う。

IMG_5469

ちなみに地下鉄は改札を通ったところで、なぜか空港さながらの荷物検査がある。引っかかっている人は見たことがないが。通勤時間帯には乗らなかったのでわからないんだけど、あんなことやっていて混雑しないのだろうか。

担々麺

初回四川訪問時にはあまり街中をブラブラしている時間がなかったので、今回は絶対に担々麺を食べよう、と決めてお店も調べておいた。とりあえず日本人が結構訪れていそうなイメージのこちら、成都担々麺。実際にはちょっとお値段高めみたいで、隣の店のが繁盛していた。

IMG_5482

四川の担々麺。担々麺は元々行商で棒で担いで売り歩いていたから担ぐという字が入っているらしい。実は何度かそういう感じで売り歩いている人も見かけたが、やはり店で落ち着いていただきたい(ていうか、担いでいる人から買ったら、その場で立ち食いするのだろうか。謎だ)。

写真ではわからないけど四川で担々麺というと、ご飯茶碗くらいのサイズに汁なしで出てくる。茶碗の底には豆板醤モリモリな汁が仕込んであって、混ぜ混ぜしてからいただく。上に載っているのはカリカリの挽肉。IMG_5473

日本でこういう担々麺出す店ってほとんどないと思う。「四川」を語っている担々麺のお店は完全に日本風にアレンジしちゃっている。四川のはラーメンのように主食として食べる感じではなくて、軽く最後に食べる感じだから、仕方ないのかもしれないけど。阿吽とか楊とか、あれはみんな四川風だけど日本風にアレンジが入っている。で、汁があるのは完全に日本風で四川にああいうのはない。IMG_5474

こちらは青椒肉絲炒飯。一緒に出張した人たちはみんな辛いの苦手、ということで辛くなさそうなのも選んだわけです。IMG_5471しかしこれが実は失策だということに気づくのはがっつり口に入れた後。青いのはピーマンだと思いきや、半分くらいは青唐辛子だったりする。激辛ってことはないんだけど、ピリピリくるので「こ、こんなはずでは…」となること請け合い。四川も何日かいるとわかってくるのだが、四川料理は見た目で赤いやつと緑色いやつが危険。初心者は赤いやつだけ警戒してしまうが、緑にも同じくらい警戒する必要がある。沸騰魚とか、別の日の写真で貼ろうと思うけど、色からは想像できない恐ろしい辛さだし。

なお、ちょっとした発見が、このテレビ。あー、PANASONICにやられちゃったあのメーカーですよね…

IMG_5478

とおもいきや…

IMG_5479SANYQだった。

日本では本家がなくなるのは時間の問題になってきたが、こうなったら是非本家がなくなっても、テキトーにうまく生き延びてほしい。

こちらはメニュー。漢字でなんとなくわかるんだけど、注文しようと思っても発音がわからない。ものすごく高い場所にあるので指さすこともできない。担々麺くらいならダンダンメンとか適当に発音しても通じるんで何とかなるけど、いろいろ頼むなら紙とペン、あるいはスマホで書いてみせるとかしないとしゃべらずに注文するのは難しい。

IMG_5480CITIBANK

地下鉄に乗るにもご飯を食べるにも必要なのがお金。

海外にいくならちょっと無理をしてでもCITIBankの口座は持っておきたい。成都にも天府広場付近に24時間ATMがあるので、お金が必要になったときにここへいって下ろすようにすれば、空港で不本意なレートでたくさん中国元を買わずにすむ。100元札ばかり大量に持ち歩いていても、そこらの小さなお店ではおつりがでなくて、ものすごくいやな顔されるので、少額ですこしずつおろして使えるっていうのは結構便利。

大きなお店はクレジットカードでいいけど、ご飯食べたりそこらでお土産買うのには現金が必要。でも行く前からいくら必要になるかなんて、なかなか想像つかないからね。ちなみにCITIのカードはCITI以外のATMでも一応下ろせることにはなっているけど、自分は試さなかった。手数料も違うみたいだったし。IMG_5490

写真がたくさんあるので長くなっちゃうな。今日はここまでにしよう。

airs burger cafe

横浜の実家に帰る途中、airs burger cafeを訪れるだけのために川崎で途中下車した。

airs burgerはもともと笹塚にあった人気のハンバーガー屋さんで、京王線沿線住民の自分は笹塚時代によく訪れていたが、2012年1月に突然ラゾーナ川崎への移転となり、川崎にほとんど用事がない自分は、移転後一度も訪れる機会がなく残念に思っていた。川崎を通りかかったらいつか行ってやる、と思っていたわけだけど、ようやくその時が訪れた。

自分的にはairs burgerは人形町のBrozers’と並んで一番気に入っていたハンバーガーショップ。食べログでは笹塚時代に3.7とかつけていたのに今は3.1とかふるわず、どうしちゃったんだろうという不安を感じつつも、1年半ぶりの再会に期待を高めて、ラゾーナ川崎1Fのフードコートを目指した。数あるお店の中でairs burgerはユニクロ向かいのフードコート入り口にあり、なかなかの好立地といえるのではなかろうか。

2013-05-04-14.12.31

笹塚に店舗があったときは鮮やかな緑、紫、オレンジを基調としたデザインの「超」がつくくらいオシャレな内装でそれこそデートにでもつかえる感じのお店だったのだけど、川崎の方はさすがにフードコートということで、基本は変わっていなかったけどだいぶトーンダウンした感じ。隣の隣が陳麻婆豆腐とか、フードコートならではの面白い並びだったけど、airsにはちょっとかわいそうな感じ。

看板メニュー(?)のSasazuka Towerも1680円にスケールダウン(Sサイズ価格なのかな?)してKawasaki Towerになっていた。食べたことないけどSasazuka Towerは2000円だったと思う。この実物大モデルかわいいけど、写真の方がおいしそうに見えるんじゃないかなー。

2013-05-04-14.07.38

メニューも手軽さにフォーカスしたフードコートを考慮してか笹塚の時よりもだいぶ減っており、メキシカンバーガーな気分で来たのに見当たらず、ちょっとガッカリ。その代わりに見たことのない「えびとアボカドのバーガー」というのがあったので、めげずにそれでいくことに。

注文を済ませるとポケベルみたいなのを渡されるので、これをもって席で待つ。準備ができると音が鳴るので、取りに行く。高級バーガーのはずだけど「やっぱりフードコートなんだ」と実感する。

2013-05-04-14.14.34

Mサイズのポテトとソフトドリンクをつけた。このくらいの構成でだいたい1500円くらいになる。昔のairsに慣れている人からするとフツーなんだけど、フードコートにハンバーガー食べに来てこの値段だと、一般の人は驚くだろうな。

見た目がモスバーガーみたいというかマクドナルド見たいというか、高級バーガーの面影があまり感じられずちょっと残念。笹塚の時は食器一つ一つがとてもきれいなデザインのお皿で、出てきたときの「おぉっ!」ってオドロキが一つなくなってしまった。食後の自家製クッキーももちろんない。あ、あと辛口ジンジャーエールも…

2013-05-04-14.19.27

でもまぁ、肝心の味の方はそんなに変わっていなくて一安心。他のハンバーガー屋さんと違って、ここのビーフパティはものすごくふわふわとしているのがポイント。肉詰まってます感あふれるバーガーを求める人には、物足りないかも知れないけど、自分はこのタイプが好き。おいしいハンバーガーはたくさんあるけど、これはここでしか食べられない味だと思う。

エビとアボカドの組み合わせもなかなか素敵で、女性なんかに結構受けそうな感じ。ポテトも見た目はマクド的だけど、全然違うんだよね、これ。おいしかった。

2013-05-04-14.19.53

川崎に住んでいる人は、食べログの点数に惑わされず、是非一度は訪問して欲しいお店。絶対3.1とかの味じゃないから。

自分は川崎にしょっちゅう行くわけにもいかないので、ここはラゾーナでガンガン売り上げを伸ばしていただき、いつかまた笹塚に2号店を出してくれないかなぁと願うばかり。