iYM2151 : 世界樹の迷宮III 〜 戦乱 荒れ狂う波浪の果て

世界樹の迷宮は言わずと知れた、アトラスのNintendo DS用のRPG。

…らしいけどゲームはもう何年もやっていないので、実はよく知らない。

音楽が好きなので、サントラだけは買ってる。IIIまではFM音源チックなオリジナルサントラがでて、アレンジ版CDがでてくるという流れが基本だったのだけど、IVでは逆の流れで、バンド演奏のオリジナルサントラの次にFM音源アレンジが出るといわれていた。しかもiYM2151アレンジで。ところが待てども待てども出ない。

挙げ句、これ。延期って書いてるけどAmazonは検索しても出てこないし、もうこれは出す気ないよね、絶対。このままみんなが忘れ去るのを待っているに違いない。iYM2151がちょっと話題だったので企画してはみたけど、iYM2151の打ち込みが想像以上に面倒くさくてやんなっちゃったんじゃないかなー、たぶん。iYM2151はサンプリングが全く使えないので、どうしても安っぽい音しか出ないんだよね。CDとして売れるレベルのものを作るのは大変なんじゃないかと。

だいたい「FM音源風」でがんばっていた世界樹III以前にしても、DSはサンプリングで16音出るらしいから、全然FM音源の制約受けてない。サントラに入っているPC88音源版と呼ばれているバージョンも、PC8801の音源スペックで出せる音ではなく、たぶんあれVOPM+サンプラって感じだよね。ドラムだけならまだしも、重厚なPCMストリングスとかPC88にしては反則過ぎるぜ。

本題

というわけで(?)、IVじゃないけど世界樹の迷宮IIIより「戦乱 荒れ狂う波浪の果て」を、iYM2151アレンジCDを発表したけど発売していない業者さんに代わってiYM2151でお送りすることにしました。

例によってiymファイル付き  http://dl.dropbox.com/u/15518440/iYM2151/The_End_of_Raging_Waves.iym

今までiYM2151で打ち込んだデータは音源的にYM2151の方が上位だったのでそれなりのレベルで再現できていたのだけど、今回は相手のがスペックが大幅に上なので、8chにおさめるためにかなりグチャグチャなデータになっている。1パートずつソロで聞くとわかるけど、1拍目がクラッシュシンバルで、3拍目がオープンハイハット、4拍目からメロディ、などというめまぐるしいPGM Changeの嵐がそこら中に埋め込まれている。打ち込んだ本人ですら、リズム系は何がどこでなっているのか正直、よくわからない。でもFM音源全盛期は、こんな感じでいかに遊んでいるchをなくすか、で競い合ってたよなー。隙間があればディレイをかけるとか。懐かしい。

まー、よかったらお楽しみください。