新茶器 KYU-SU HITORI & KO CYA-WAN

先週に引き続き、今週も原宿はAssistOnへ行ってきた。今回の目的は、1人用のきゅうす。たぶんまだAssistOnのWebには出ていない商品だと思う。

0012210

我が家にはコーヒーを入れる道具はそれなりにあるのだけど、日本茶や中国茶のようなものを淹れる道具がなく、お茶を入れる場合はコーヒーのポットで淹れるなどという酷い有様。お茶に失礼極まりない。

最近は仕事柄(?)中国への出張とかも結構あり中国茶を買ってくる機会も多く、中国茶の道具とかもいいのがあったら欲しいな、とか密かに思ってもいたのだけど、一人暮らしで一度にどれだけ飲むのか、と冷静に考えてみると豪華な中国茶セットはないよね、とか思うわけで。

そんな、どこを目指しているのか自分でもイマイチよくわからない曖昧な要望にいい感じに応えてくれたのが、assistOnで売っていた、新茶器シリーズのKYU-SU HITORIとKO CYA-WAN。中国茶でよく見る小型の茶碗と、片手で本体をもってフタを押さえられる小型のきゅうす。一人でちょっとお茶を飲みたい、という時にぴったりのサイズ。収納時はきゅうすに茶碗をしまうこともできる。

0012212

中国茶でよく見かけるサイズの小さな茶碗。0012211

AssistOnのWebにはまだ載っていないみたいだけど、本家のWebサイトがあった。

http://ap-market.com/products/list.php?category_id=65

デザインは素朴ながら見ていて飽きのこない感じのデザイン。明るめの白から、独特な色合いの茶色、青緑がかっているブラックなどカラーバリエーションがある。おっさんぽいのがいいと思い(?)ブラックにしてみた。ちなみにバラ売りなので白きゅうすと黒茶碗とかでパンダ構成にすることも不可能ではないが、おすすめはしない。

きゅうす本体の方には溝が設けられており、フタを押さえながら注ぐことで茶葉だけがきゅうす内に残るようになっている。よほど粉々なものでない限りは流れ出ていくことはないと思うので、紅茶でも中国茶でも概ねOKだと思う。コーヒーは不可能とは言わないがかなり無理っぽい(そんなことは誰も聞いていない)。

0012214

きゅうすのフタにはガラスのアクセント。

0012216

いずれも裏には「チャ」のマーク。

0012218

早速プーアル茶を淹れてみた。さすがにマグカップで飲むのとだいぶ雰囲気が違う。味まで違った印象になるのは、まぁ多分だたの気のせいだけど、お茶を淹れたり飲んだりするのが楽しくなるなら道具としてはすごく成功しているんじゃないかと思うわけで。

一人用のきゅうすが3,885円、小茶碗が1,680円。小茶碗はAssistOn店頭の方が本家から買うよりちょっとだけ安いみたい。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s