Innergie mCube SlimをMacBook Airでつかう Season 1

Innergieという会社が出しているノートPC用万能ACアダプターで、mCubeというシリーズがある。自分の知る限りではあまり流行っている気配はないのだけど、真っ黒の大きく野暮ったいデザインが横行するACアダプタの世界において、白く薄型軽量、1つのACアダプタでDCコネクタだけ変更すれば様々なメーカーのPCに使えるというのが魅力で、なかなかの良い製品だと思う。

mCube Slim自分はだいぶ前にmCube Slimを購入した。最近はMacしか使ってないけど、会社から支給される黒いゴミクズ…いや、仕事用のノートPCがあって、当時仕事に持ち歩いていたコイツのACアダプターが結構でかくて邪魔だったので、少しでも鞄が軽くなるよう、購入した。重さは150g。

最近はそのクズPCは文字通りスペックがクズ過ぎて全く使い物にならないので放置しているのだけど、mCubeは結構値段も高かったし、使わないでしまっておくのももったいないなぁと。それでふと、今使っているMacBook Airに使えないんだろうか、なんて思ったので調べてみた。

ちなみに結果から言うと、問題なく使えた。でも、個人的に試したら使えた、というだけであって使えることを保証するとか推奨しているわけではないので、まねする人は自己責任で。

Magsafeコネクタ変換

Macの電源供給で常に問題になるのが独自コネクタのMagsafe。正式にはAppleに上納金を納めてライセンスしてもらわないとこのコネクタを使った製品が出せないので、互換アダプタの類いは非常に少ない。

おそらくはそれに関連してだと思うのだが、mCubeにはMagsafeの変換アダプタがついていない。当然ながら、対応機種のリストにはAppleという言葉すら出ていない。しかし、ACアダプターなんて所詮交流を直流に変換して+と-の2極ケーブルで送り出しているに過ぎない。要はコネクタだけ変換すればあとは電圧だけあってればOKのはず。

そんなわけで汎用DCコネクタからMagsafeに変換する必要があるわけだが、これについてはBiXPowerのC28で解決した。HyperJuiceの充電を可能にするケーブルということで売られているけど、要するに一般的な外径5mm-内径2.1mmからMagsafeへの変換コネクタ(最近はact2でも売ってるみたいだけど、輸入代行にしてもあまりにもぼったくり価格なのでリンクははらない)。

mCube付属チップではAタイプが5mm-2.1mmなので、C28へはそれを使うことで接続できる。ちなみにC28は初代Magsafeなので、最新MacBookで採用されているMagsafe2を使う場合はさらに純正品のアダプターを挟む必要がある。

電圧チェック

ACアダプタの互換性を調べる際に重要なのは、文系なオレ様のきわめてテキトーな知識によれば、電圧と極性である。この2点があっていてコネクタ形状が一緒なら、差しても問題ない。ただし間違っていても責任は取らない。

Innergieの方は15-17Vでピンの方が+という仕様のようだ。

mCube Slim

ちなみにmCubeシリーズは18-21V供給が主流で、15-17V供給にも対応しているモデルは2、3種類なので注意が必要(mCube Slimは対応している)。真ん中のスイッチで切り替えると、上のランプの色が緑(15-17V)または青(18-21V)で点灯する。

Appleの方は本家のACアダプターを調べる。といってもMagsafeはどのピンが何の端子なのかよくわからないし、C28が変換してくれるから興味もないので電圧チェックは放置。スペック的には14.85V/3.05Aとアダプタに書いてあるので、その情報だけ参考にさせていただく。ピンの極性についてはHyperJuiceがあるので、これで調べればいいだろう。HyperJuiceが何Vでてるのかも気になるしな。

HyperJuice V16Vでピンが+。極性は一緒のようなので、コネクタ/ケーブルは改造いらなさそう。それにしても、正式にMac対応うたっているわりに、純正アダプタに書いてある数値と比較すると結構電圧高いねぇ。満タン充電だからまぁこんなものか。

mCubeはこんな感じ。

mCube Vあれ、mCubeのが純正ACに近い数値だな…これはラッキーだったと思うべきか。

というわけで、オレ様に調べられる範囲では互換性アリ、という判断になったので実際に接続してみたのが以下の図。純正のアダプタを差しているかのように問題なく使える。

最終的な接続

小型軽量なmCube Slimで、スマートな電源周りを実現!

…したのだろうか?

まとめ

とりあえずMacBook Air 11(2012)でmCube Slimを使うには

  1. mCube Slim本体
  2. BiXPower C28変換アダプタ
  3. Magsafe – Magsafe2 変換アダプタ

が必要。そして、一番重要なところなのだが、これだけコネクタ変換の努力をしているにもかかわらず、mCubeと必要な変換アダプタを全部持ち歩くと、重さは純正アダプタ(200g)の1.5倍(300g)くらいになるのである。

まったく意味がない!!!

しかしまだ望みはある。測定結果はケーブルの重量だけで140gなので、ここをもっと短い必要十分な長さのケーブルにしてやれば、純正アダプタとも対等に戦えるようにはなるだろう。140gを40g以内におさめるのは、かなり厳しいと言わざるを得ないが。

そういうわけで、明日は秋葉に軽くて短いケーブルを探しに行ってこようと思う(オイ

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s