iYM2151 : Operation Seedleek from MSX版 沙羅曼陀

いつもグチグチ文句いってばかりだけど、なんだかんだで触っているiYM2151。今度はMSX版沙羅曼陀のオープニングを作ってみた(なんか前のYs IIといい、オープニングばっか作ってるな)。今回はパート数が壮大に余っていたので勝手にアレンジしちゃったけど、iYM2151をお持ちの方は5-7チャンネルをMIXERでMUTEすればそこそこ原曲に近づくかと。

↓iYM2151のファイル

http://dl.dropbox.com/u/15518440/iYM2151/Operation_Seedleek.iym

沙羅曼陀はアーケード版がオリジナルで、ファミコン版をはじめとして多数のプラットフォームに移植されたグラディウスシリーズ2作目の名作…なんだけど、実はMSX版沙羅曼陀はそんなアーケード版の「移植」と言うよりは、「アーケード版インスパイア」な別ものといっていい。実際、Wikipediaではエントリーが別々になっている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/沙羅曼蛇

http://ja.wikipedia.org/wiki/沙羅曼蛇_(MSX)

MSX版のBGMはアーケード版沙羅曼陀とライフフォースの曲をSCC5音+PSG3音にアレンジしたもので、いろいろな機種へ移植された沙羅曼陀の中でも一番音楽的に聴けるものだったと思う(アーケード版は正直なところFM音源の使いこなしがまだこなれていない感じで、個人的にはちょっと残念な感じ)。

オープニングはアーケード版にはなくて、映像も曲もMSX版独自のもの。途中五拍子をシラッとはさんであったりとか地味にかっこいい曲だと思う。MSX版にしか入ってないから、隠れた名曲なんじゃないかと思うけど、どうだろう。

今時当時のMSX稼働できる状態で維持している人はよほどのマニアだろうけど、幸いWiiのVirtual Consoleで遊べるみたいで、Youtubeにも動画がおいてあった。原曲はコレ。しかし、人に見せたいときにちょっと検索するだけで欲しい動画に到達できるという…なんか便利な時代になったなぁ…

改めて聴くと最初の警告音はもっとデチューンしてもよかったな、失敗(動画直すのはめんどいのでiymファイルだけ修正した)。iYM2151ってテンポが最大で360で16分音符までしか入力できないので、こういう効果音っぽいのに向かないよな~。

Advertisements