SONY CP-F1L

SONYのモバイルバッテリーCP-F1Lを買った。最近のスマートフォンに合わせたと思われる形状の薄型バッテリーで、12.9mm厚7000mAhのモデルと9.4mm厚3500mAhの2モデルがある。CP-F1Lは9.4mmの方。

http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201209/12-0924/

一昔前の自分だったら迷わずスペック重視で「必要かどうかにかかわらず」7000mAhモデルを選んでいたと思うのだけど、たった3.5mmとはいえ、手に持ったときの印象はかなり違う。最近はそれほどバッテリーが足りなくてこまるというわけでもなく、いざというときのために持ち歩くのが目的だったので小さい方にした。

素材は最近よく見るアルミで、MacBook Airに重ねるときれいに溶け込む色合い。上下が白いのが詰めが甘いというかダサい気がするけど、まぁこれくらいは値段を考えると仕方ないか。

CP-F1L

CP-F1L

「買った当時は超薄い!と思っていたけど、最近はそれが当たり前」になってしまったiPod touch 5Gと比較。こうしてみるとやっぱiPod薄いね。スペック的には3.3mmの違い。

厚さ比較

厚さ比較

microUSBの両サイドにLEDがついていて、電源を入れたときにバッテリー残量を3段階で表示できる。色の違いで表示してくれるとありがたいんだけど、点滅回数が1~3回という感じなのでかなり注意して見ていないとわからない。そこだけはちょっとどうかな、と思った。

それ以外は、ポケットに入れていても取り出さずに操作できるよう上面にポートやボタンが集中したデザインで、見た目だけでなく機能的にもよく考えてデザインされているんじゃないかと思った。

TRIONの鞄についてるポケットにもぴったり。touchと両方いれるといい感じなサイズ。

TRION Inside Pocket

TRION Inside Pocket

こういうものは、気づいたときにいつでも使えるってのが重要。大きさとか重量とかが気になりだすと鞄の中の常備品になれないけど、これならどんな鞄でも、どこかしら邪魔にならずに収まる場所がありそう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s